総合トップ広報かけがわ2017年3月23日 音楽を通じて交流深める 希望の丘で桜コンサート
総合トップ2017年3月23日 音楽を通じて交流深める 希望の丘で桜コンサート

2017年3月23日 音楽を通じて交流深める 希望の丘で桜コンサート

2017年3月23日更新

大勢の前でマーチングバンドを披露する掛川東高吹奏楽部のみなさんの写真
大勢の前でマーチングバンドを披露する掛川東高吹奏楽部のみなさん

人気アニメの主題歌に大喜びの沢山の園児や観客らの写真
人気アニメの主題歌に大喜びの園児や観客ら

医療・保健・福祉・介護・教育に関する施設が集まる健康医療の中核ゾーン「希望の丘」内の広場で3月23日、初の試みとなる「桜コンサート」が開かれました。
主催は、地元地区や敷地内の8つの事業所で構成する「希望の丘運営委員会」(中村隆哉委員長)。音楽を通じて、施設利用者と地域住民との交流を深めようと企画しました。
この日は、掛川東高校吹奏楽部がマーチングバンドを披露。ディズニー映画の曲を中心に、行進したりステップを踏んだりしながら約10曲を演奏しました。「アナと雪の女王」の曲が流れると園児たちは大喜び。大きな声で一緒に歌うなどして、春のひとときを楽しみました。
敷地内には、平成27年2月に市民らが献木した「掛川桜」や「陽光」「八重枝垂桜」など5種類100本が植えられています。約3メートルほどに成長した掛川桜はちょうど満開を迎えており、コンサート後に各施設を見学する市民や利用者らの目を楽しませました。
中村委員長は「交流の場としてこの広場を造ってもらった。オープンから丸2年、このような形で開催できうれしい」と話し、「これを四季ごとに開催し、地域の結びつきを強めていきたい」と目を細めました。

2017年3月23日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる