総合トップ広報かけがわ2017年4月25日 EV充電設備2基を市内に設置 日東工業が寄贈
総合トップ2017年4月25日 EV充電設備2基を市内に設置 日東工業が寄贈

2017年4月25日 EV充電設備2基を市内に設置 日東工業が寄贈

2017年4月25日更新

松井市長と下﨑工場長が電気自動車に充電している様子
充電設備を使い充電する松井市長(右)と下﨑工場長(右から2番目)

掛川市は、市内に工場を持つ日東工業掛川工場(本社 愛知県長久手市)から社会貢献事業の一環として電気自動車(EV)用充電設備2基の寄贈を受け、市役所南側駐車場と大手門駐車場に1基ずつ設置しました。4月25日からの運用開始に合わせ、同日、市役所充電設備前でセレモニーを開きました。
市役所南側駐車場が平日午前9時から午後4時までで、1日1回限り最長60分まで。希望者は庁舎南玄関外のインターホンで係員を呼び出し、パスワードを入力してもらうと利用可能になります。また、大手門駐車場は24時間利用可能で、駐車料金が必要になります。どちらも無料。60分の充電で平均約20キロメートルの走行が可能です。
式典には、日東工業の下﨑一洋(かずひろ)掛川工場長や市関係者らが出席。松井市長が「スタンド設置を機に、環境への関心の高まりに期待したい」とあいさつ。下﨑工場長は「掛川工場10周年を迎える年に、みなさんの役に立てることは光栄なこと」と述べました。
市が公共用として設置するのは、今回が初めてです。

2017年4月25日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる