総合トップ広報かけがわ2017年8月11日 「山の日」に粟ヶ岳からメッセージ付き風船飛ばす
総合トップ2017年8月11日 「山の日」に粟ヶ岳からメッセージ付き風船飛ばす

2017年8月11日 「山の日」に粟ヶ岳からメッセージ付き風船飛ばす

2017年8月11日更新

粟ヶ岳山頂からメッセージ付きの風船を空に向かって飛ばす参加者たち
粟ヶ岳山頂からメッセージ付きの風船を飛ばす参加者たち

昨年から新たに国民の祝日に制定された「山の日」の8月11日、東山地区にある粟ヶ岳山頂でメッセージを付けた風船を飛ばすイベントが開かれました。
長さ20センチメートルほどの短冊には物産販売所の住所と連絡先が記載され、「拾った方は連絡いただけたらうれしいです」とのメッセージが添えられているほか、参加者が直接書き込めるスペースも用意。登山客や市民ら約100人が参加し、「いい夏休みになるといいですね」「お手紙ください」など、思い思いのメッセージを書き込んだ風船を放ちました。あいにくの天候となったこの日、霧で覆われた上空に色とりどりの風船が吸い込まれていきました。
市内から参加した佐々木友佳さんは、2人のお子さんと参加。「霧がかかっているけど、子どもたちにはいい思い出になれば」と笑顔を見せました。
主催は粟ヶ岳で物産販売や休憩所を運営する「茶文字の里東山」(田中鉄男社長)。「山の日」に合わせ、同地区のシンボルである粟ヶ岳で楽しんでもらおうと企画しました。田中社長は「このイベントを通じて粟ヶ岳やこの地域のことを知ってほしい。新たな交流が生まれれば、地域の活性化にもつながる」と期待を込めました。

2017年8月11日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる