総合トップ広報かけがわ2017年9月4日 災害時に福祉避難所を開設 和松会と協定締結
総合トップ2017年9月4日 災害時に福祉避難所を開設 和松会と協定締結

2017年9月4日 災害時に福祉避難所を開設 和松会と協定締結

2017年9月4日更新

掛川市役所にて、松井市長から認定証を受け取る有海理事長
松井市長(左)から認定証を受け取る有海理事長(右)

市と社会福祉法人和松会が9月4日、掛川市役所で「災害時における福祉避難所の開設に関する協定」を締結しました。
同法人は、老人ホームやデイサービスなどの福祉事業に取り組んでいて、掛川市では希望の丘(杉谷南)で重度の障がいをもった方を対象とした生活介護施設「ぴの ほ~ぷ(ぴのほーぷ)」の運営を行っています。そのノウハウと施設を活用して、災害時に一般の避難所で特別な配慮が必要となる方を対象に、福祉避難所を開設します。
協定を締結し松井市長は「福祉避難所の開設は、特別な配慮を必要とする方に安心感を与える。この協定の意義は大変大きい」と感謝の言葉を述べると、有海司郎理事長は「福祉施設は困っている方のお手伝いをするのが役目。できる限り協力していきたい」と力強く答えました。

2017年9月3日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる