総合トップ広報かけがわ2017年9月7日 市民、職員ら約200人が祝福 初の市役所・デ・ウェディング
総合トップ2017年9月7日 市民、職員ら約200人が祝福 初の市役所・デ・ウェディング

2017年9月7日 市民、職員ら約200人が祝福 初の市役所・デ・ウェディング

2017年9月7日更新

掛川市役所にて、模擬結婚式の様子。市役所職員から祝福を受ける新郎新婦
参加者たちから祝福を受ける新郎新婦

掛川市役所で9月7日、赤堀邦彦さん(千浜)と村松とみ江さん(富部)が模擬結婚式「市役所・デ・ウェディング」を行いました。これは、婚活支援を行う市民活動団体「ラブ アンド リアン実行委員会」が、若者の結婚への気運を高めようと初めて企画したもの。
来庁者や市職員約200人が見守る中、タキシードとウエディングドレスに身を包んだ新郎新婦がヴァージンロードを歩いて登場。邦彦さんが、プロポーズを再現すると会場全体から大きな拍手が送られました。
婚姻届受理証明書を受け取った松井市長は「120,000人の市民が祝福しています。2人を見て新たなカップルが結婚してくれたらうれしい」と祝福の言葉を述べました。
二人の出会いは市の子育て協働モデル事業の一環で開かれた「婚活スキルアップイベント」。パワースポット巡りなどの行事を重ねるごとに意気投合し、昨年末より交際をスタートさせました。
結婚式を終え邦彦さんは「多くの方の前で結婚式を挙げられたことは光栄なこと。ありがとうございました」と感謝の言葉を述べ、とみ江さんは「新生活が始まるという実感が湧いてきました。幸せになります」と笑顔で話しました。

2017年9月7日

カテゴリー

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる