総合トップ広報かけがわ2018年1月26日 火災から文化財を守る 消防訓練で連携強化
総合トップ2018年1月26日 火災から文化財を守る 消防訓練で連携強化

2018年1月26日 火災から文化財を守る 消防訓練で連携強化

2018年1月26日更新

青空の中掛川城御殿からの火災を想定した一斉放水の写真
掛川城御殿からの火災を想定した一斉放水

青空をバックにお城での消火訓練で虹が出ている写真
放水銃による消火訓練

文化財防火デーの1月26日、国の重要文化財「掛川城御殿」で消防訓練が行われ、中央消防署員や地元消防団、掛川城や御殿の管理職員ら約50人が、避難誘導や消火活動の手順を確認しました。
訓練は、タバコの投げ捨てによって御殿縁側の下から出火したと想定。施設スタッフなどが来館者の避難誘導を行ったほか、避難の際に転倒した負傷者の搬送、備え付けの放水銃による消火訓練にあたりました。また、通報を受けた消防署員や消防団は現地に到着すると、迅速にホースを延ばし一斉放水を行いました。
掛川城公園管理事務所所長の木曽美雪さんは、「消防署や消防団の方々と連携して取り組めた。本日の訓練を生かし、文化財を守れるよう努めていく」と感想を述べました。

2018年1月26日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる