総合トップ広報かけがわ2018年1月4日 安心して暮らせるまちに 平成30年掛川市消防出初式
総合トップ2018年1月4日 安心して暮らせるまちに 平成30年掛川市消防出初式

2018年1月4日 安心して暮らせるまちに 平成30年掛川市消防出初式

2018年1月4日更新

市長から感謝状を受け取る団員家族の様子
松井市長(左)から感謝状を受け取る家族

掛川城を背に観閲行進する団員たち
掛川城をバックに団員や消防車両が観閲行進

平成30年掛川市消防出初式が1月4日、掛川三の丸広場で開催され、消防本部・団員ら約700人が参集しました。
式典では5年間・10年間・15年間消防に貢献した団員の表彰や消防活動を支えてきた団員家族へ感謝状が贈られたほか、年間を通して火災が発生しなかった地区への表彰などが行われました。
団長代理であいさつした鈴木智彦副団長は「今後も火災・風水災害に対応するため日ごろの訓練をさらに充実させ、技術の向上を目指してほしい。練達した技術を自主防災会などに還元し、地域全体の防災意識を高めていきたい。平穏な1年になるよう努めていく」と呼びかけました。式の最後には全員で「火の用心」三唱を行い、安全で安心なまちづくりに向けて気持ちを新たにしました。
式典終了後は、消防本部・団員をはじめ、ポンプ車などの消防車両36台が掛川城下を観閲行進。ポンプ車20台がそのまま逆川沿いに配置され、団員らが天守閣に向かって一斉放水を行いました。

2018年1月4日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる