総合トップ広報かけがわ2018年2月3日 それぞれが思いを伝え合う 茶エンナーレ振り返り会開催
総合トップ2018年2月3日 それぞれが思いを伝え合う 茶エンナーレ振り返り会開催

2018年2月3日 それぞれが思いを伝え合う 茶エンナーレ振り返り会開催

2018年2月3日更新

地域芸術祭「かけがわ茶エンナーレ」の振り返り会でイベントに携わった約60人と茶エンナーレへの思いを話す松ヶ丘の男性サポートスタッフの写真
茶エンナーレへの思いを話す松ヶ丘のサポートスタッフ(右から3番目)

昨年秋に開催された地域芸術祭「かけがわ茶エンナーレ」の振り返り会が2月3日、市役所で行われました。日比野秀男会長などの実行委員や山口裕美総合プロデューサー、参加アーティスト、サポートスタッフなどイベントに携わった約60人が参加。それぞれが現場で実際に感じた思いを交換し合いました。
「掛川の良さを伝えることができた」、「子どもも一緒に楽しめるイベントだった」などの感想。「準備期間が短かった」、「アーティストと地域住民の交流の機会が少なかった」などの課題。「実施期間を検討した方がいい」、「海外の方をターゲットにした広報をもっとしていくべき」などの提案など異なる立場の参加者が、事業を振り返りました。今回の意見を踏まえながら、3年後の開催時期や期間、規模などを検討していきます。

2018年2月3日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる