総合トップ広報かけがわ2018年4月28日 バスケWリーグ選手が直接指導 中学生が基礎学ぶ
総合トップ2018年4月28日 バスケWリーグ選手が直接指導 中学生が基礎学ぶ

2018年4月28日 バスケWリーグ選手が直接指導 中学生が基礎学ぶ

2018年4月28日更新

中村選手の周りで中学生がドリブルをしている様子
中村選手(右)からドリブルを教わる中学生たち

立っている生徒と座っている生徒がパスをしている様子
体幹を鍛えながらパスのコツを学ぶ生徒たち

バスケットボール女子日本リーグ(ワールドリーグ)に所属し、同リーグ10連覇中の「JX‐ENEOSサンフラワーズ」の選手らが直接指導するバスケットボールクリニックが4月28日、桜が丘中学校で開かれました。同校と西中学校の女子バスケ部生徒約60人が参加し、現役選手らからバスケの魅力や基礎を学びました。
主催はJX金属プレシジョンテクノロジー。同社が市内菖蒲ヶ池で工場を運営している縁から、クリニック開催が実現しました。講師は、中村優花選手ら4人の現役選手と、木林稚栄アシスタントコーチら3人の計7人が務めました。
生徒たちは、膝に負担のかからないトレーニングをはじめ、2つのボールを交互にドリブルするボールハンドリングや体幹を鍛えながらのパスなどに挑戦。コーチから「選手を良く見て。視線は、逆の手は」「パスをする人は相手のことを考えて」「声を出してコミュニケーションをとって」などのアドバイスを受けながら、約2時間の練習に汗を流しました。

2018年4月28日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる