総合トップ広報かけがわ2018年5月19日 中央小児童らが田植え体験
総合トップ2018年5月19日 中央小児童らが田植え体験

2018年5月19日 中央小児童らが田植え体験

2018年5月19日更新

指導を受けながら苗を植えていく児童ら

一列に並んで苗を植えていく児童らとその様子を見守る保護者
田んぼの感触に悪戦苦闘しながら田植えに挑戦する児童ら

中央小学校の児童らが5月19日、高御所の太田峰夫さんが管理する田んぼで、田植えを体験しました。今年は参加を希望した25家族約60人が参加。青空の下、裸足で田んぼに入った児童らは、歓声を上げながら田植えを楽しみました。
主催は同校保護者有志でつくる「わくわくクラブ」(齊藤栄一代表)で、ホトケドジョウやメダカ、マルタニシ、ヘイケボタルなど10種類の絶滅危惧種の住む自然環境を守ろうと20年以上続く恒例行事です。

2018年5月19日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる