総合トップ広報かけがわ2018年7月2日 季節を味わう 三笠幼で流しそうめん
総合トップ2018年7月2日 季節を味わう 三笠幼で流しそうめん

2018年7月2日 季節を味わう 三笠幼で流しそうめん

2018年7月4日更新

流しそうめんで上手にそうめんをすくう笑顔の園児
そうめんを上手にすくう園児

三笠幼稚園の園児138人が7月2日、園庭で流しそうめんを楽しみました。同園のPTA(桑原篤会長)が食べ物を通して季節を感じてもらおうと毎年行う恒例行事です。そうめんを流す竹は、近くの山からお父さんたちが切り出して用意。お母さんたちが約20キログラムのそうめんをゆでました。
園児たちは、流れてくるそうめんをはしやフォークで上手にすくいながら口いっぱいにほうばっていました。桑原会長は「竹を使って流しそうめんをする機会はなかなかない。子どもたちも良い経験ができたのでは」と話していました。

2018年7月4日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる