総合トップ広報かけがわ2018年8月8日 ラグビーW杯に向け決起集会 掛川サポーターズ結成
総合トップ2018年8月8日 ラグビーW杯に向け決起集会 掛川サポーターズ結成

2018年8月8日 ラグビーW杯に向け決起集会 掛川サポーターズ結成

2018年8月8日更新

発起人の松本さんのあいさつに耳を傾ける参加者
集まったラグビーファンを前にあいさつをする松本さん(右)

ジュビロの選手と市民がラクビーの魅力について笑顔で語り合う
ヤマハ発動機ジュビロの山村選手と伊東選手をゲストに迎えてのトークセッション

平成31年にエコパスタジアムで開かれるラグビーワールドカップ(W杯)を盛り上げようと、市民有志らが「ラグビー掛川サポーターズ」を結成し8月8日、掛川商工会議所で決起集会を開きました。市内外の熱心なファンら約90人が参加。ラグビーのPRやサポーターズへの勧誘などを通して、W杯の機運を高め合うことを確認しました。
発起人で代表となった松本均さんは「エコパが満席になるよう、精一杯盛り上げていきたい」と抱負を語りました。松井市長は「408日はすぐ。情報を発信し輪を広げていくことが大切。これを機に1人でも多くファンを増やしてほしい」とあいさつしました。
元日本代表でヤマハ発動機ジュビロの山村亮選手と伊東力選手をゲストに迎え、ラグビーの魅力を語り合うトークセッションも企画。両選手は過去に出場したW杯の経験から「1勝するのも難しいのがW杯。決勝進出には初戦のロシア戦で勝つことが大事」と、伊東選手は「日本人らしい我慢強いプレーでトライチャンスをものにしてほしい」と見どころを紹介した後、サポーターらとパス交換を行うなどして会場を盛り上げました。

2018年8月8日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる