総合トップ広報かけがわ2018年9月16日 中学生ら威勢よく「ちいねり」
総合トップ2018年9月16日 中学生ら威勢よく「ちいねり」

2018年9月16日 中学生ら威勢よく「ちいねり」

2018年9月16日更新

法被に身を包んだ男子がねりを曳き回している様子
横須賀街道で年に1度のちいねりを楽しむ子どもたち

おそろいの法被を着た笑顔の子どもたちがねりを曳き回す様子

 

中学生以下の子どもたちだけで祢里(ねり=山車)を曳(ひ)く遠州横須賀の伝統行事「ちいねり」が9月15日・16日の両日、遠州横須賀街道沿いで行われました。
このお祭りは、明治時代から続くと言われているもので、参加するのは横須賀地区14町の子どもたち。準備や太鼓の指導、当日の運行までを中学生が取り仕切り、大人はサポートに徹するという運営形態は、全国でも珍しいと言われています。
4月に行われる三熊野神社大祭を模しながら、おそろいの法被を身にまとって曳き回す姿は大人顔負け。県無形民俗文化財第1号に指定されている三社祭礼囃子の奏でる名調子にのって、子どもたちの「シタッ、シタッ」の元気な掛け声がまち中に響きました。

2018年9月16日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる