総合トップ広報かけがわ2019年3月14日 葛(くず)使用し新商品完成 活用法をPR
総合トップ2019年3月14日 葛(くず)使用し新商品完成 活用法をPR

2019年3月14日 葛(くず)使用し新商品完成 活用法をPR

2019年3月14日更新

市内の食品製造所など4事業所が同市伝統産業の葛を使った新商品を机に並べて、完成したことを松井市長に報告する様子
伝統産業の葛を使用した新商品

市内の食品製造所など4事業所が3月14日、掛川市役所を訪れ、同市伝統産業の葛を使った新商品が完成したことを松井市長に報告しました。
土井酒造場は、葛花(かっか)酵母と、県産酒米のほまれふじで仕込んだ酒「葛の里」を開発。土井清愰会長は「味が濃くて飲みやすい酒に仕上がった。肉料理に合いそう」と話しました。
このほか製茶会社の山瑛は、葛の茎葉を乳酸発酵させた粉末茶をブレンドした薬膳掛川カレーと掛川葛茶餅を、障がい者施設のMネット東遠と医療法人好生会では、同じく葛花酵母を使用したパンを完成させました。
報告を受けた松井市長は「伝統産業でもある葛をこれだけ活用していただいた。しっかりPRしていくことが大切」と話しました。
葛の里はすでに発売していて、パンは4月、薬膳カレーと葛茶餅は準備ができ次第、順次発売予定です。

2019年3月14日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる