総合トップ広報かけがわ2020年4月22日 つばきさんからゴーグル寄贈 医療従事者をサポート
総合トップ2020年4月22日 つばきさんからゴーグル寄贈 医療従事者をサポート

2020年4月22日 つばきさんからゴーグル寄贈 医療従事者をサポート

2020年4月28日更新

たくさんのゴーグルを前に感謝状を贈る宮地院長と三木つばきさんの写真
感謝状を贈る宮地院長(左)と三木つばきさん

アルペンスノーボーダーで輝くかけがわ応援大使の三木つばきさん(掛川在住)が4月22日、中東遠総合医療センターへスノーボード用ゴーグル37個を寄付しました。新型コロナウイルス感染症対策として、医療従事者をサポートすることが目的です。
三木さんはアメリカの医療現場でゴーグルが使われていることをSNSで知り、「自分も役に立てるかもしれないと思った。ゴーグルを使う事態になってほしくないが、少しでも役に立てればうれしい」と語りました。同センターの宮地正彦院長は「三木さんの寄付でコロナにも勇気をもって立ち向かえる。非常にありがたい」と述べ、感謝状を贈りました。

2020年4月22日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる