総合トップ広報かけがわ2020年4月9日 ソフトバンクと連携協定 ICTをまちづくりに活用
総合トップ2020年4月9日 ソフトバンクと連携協定 ICTをまちづくりに活用

2020年4月9日 ソフトバンクと連携協定 ICTをまちづくりに活用

2020年4月9日更新

モニターに映る榛葉副社長と会場の松井市長が交わした協定書を掲げている写真
榛葉副社長(右)と松井市長(中央)が協定書を交わした

ソフトバンク株式会社(本社:東京)と市は4月9日、市が進める「協働のまちづくり」の実現に向けたICT(情報通信技術)包括連携協定を結びました。日々進歩するICTをまちづくりや行政業務などに活用し、地域活性化や住民サービスの向上を図ります。
これまでも同社と市は人型ロボット「ペッパー」の市内小中学校への設置などで協力を重ねてきました。今後はスマートシティ化や次世代モビリティサービスの推進などを進めていきます。
締結式は新型コロナウイルス感染症対策のため、同社と市役所をインターネットで中継し、榛葉副社長と松井市長が映像を通じて署名することで協定締結となりました。
副社長の榛葉淳さんは「技術は使ってこそ意味がある。市民に役立ててもらえる方法を一緒に模索していきたい」と今後の展開に期待しました。
同社が県内自治体と包括連携協定を結ぶのは4例目となりました。

2020年4月9日

カテゴリー

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる