総合トップ広報かけがわ2020年5月29日 ブリヂストンエラステックから簡易マスク2万枚 避難所の備蓄に
総合トップ2020年5月29日 ブリヂストンエラステックから簡易マスク2万枚 避難所の備蓄に

2020年5月29日 ブリヂストンエラステックから簡易マスク2万枚 避難所の備蓄に

2020年5月29日更新

ブリヂストンエラステック株式会社代表取締役の荻島厚さんから松井市長へ目録が手渡される様子
荻島代表取締役(左)からマスクを受け取る松井市長

掛川市役所で5月29日、簡易マスクの贈呈式が行われ、千浜地区に本社を構えるブリヂストンエラステック株式会社代表取締役の荻島厚さんから2万枚が松井市長に手渡されました。
同社が過去に業務用マスクを製造していた際のノウハウを基に製造。飛沫拡散防止用として、生産拠点のある自治体に提供されました。今後、市内の幼稚園や保育園などに配付するほか、水害などの災害に備え、各避難所に保管します。
荻島代表取締役は「通気性が良く、洗って繰り返し使用できる。ぜひ役に立てていただきたい」と話しました。松井市長は「これから出水期を迎えるので、災害時に避難所がクラスターとならないよう備蓄できる。大変ありがたい」と感謝を述べました。

2020年5月29日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる