総合トップ広報かけがわ2020年6月10日 報刻の大太鼓打ち鳴らし 時の記念日100周年
総合トップ2020年6月10日 報刻の大太鼓打ち鳴らし 時の記念日100周年

2020年6月10日 報刻の大太鼓打ち鳴らし 時の記念日100周年

2020年6月10日更新

大太鼓打ち鳴らし式で大太鼓をたたく松井市長
報刻の大太鼓を打ち鳴らす松井市長

掛川市観光協会掛川支部は「時の記念日」の6月10日、掛川城御殿で太鼓打ち鳴らし式を行いました。本行事は昭和32年から60年以上続く伝統行事で、時間の大切さを知ってもらうと同時に、コロナの終息に願いを込めて打ち鳴らしました。
大正9年に「時の記念日」が制定されてから、今年で100周年を迎えます。特別企画として「時・とき」にちなんだ写真を募集し、「くつろぎの時間、時間の大切さ」などをテーマに投稿いただいた写真を会場に掲示すると同時に、式典の様子を掛川観光公式インスタグラムでライブ配信しました。また、例年、幼稚園児による打ち鳴らしが行われますが、今年は新型コロナウイルスの影響で、主催者と来賓のみの開催となりました。
会長の平野正俊さんは「100年に一度の節目。時間について考え、行動する機会にしてほしい」と話しました。

2020年6月10日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる