総合トップ市政情報DX推進ICTの利活用による協働のまちづくり包括連携協定

ICTの利活用による協働のまちづくり包括連携協定

2014年3月6日更新

協働のまちづくり元年記念

松井市長ら四人が並んで締結書を見せている
締結式の様子

掛川市は平成26年3月5日、ICTを利活用し、NTT西日本と連携しながら地域社会の活性化及び住民サービスの向上に取り組むことについて合意し、「ICTの利活用による協働のまちづくり包括連携協定」を締結しました。

掛川市では地域間による情報格差の解消のため、平成23年に「掛川市光ファイバー網整備計画」を策定し、市内全域の光ファイバー網の整備を進めてきました。今年度、静岡県及び市の「光ファイバー網整備事業補助制度」等を活用し北部未整備エリア(原泉、倉真、西郷、東山、日坂、東山口)において整備を行い、平成26年3月より市内全域での光インターネット接続サービスの利用が可能になりました。

魅力あふれ、暮らしやすさと幸せが実感できる掛川市の実現に向け、観光や防災、教育など様々な分野で力を合わせ、地域と一体となった取り組みを推進していきます。

 

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる