総合トップくらし・手続き国民年金産前産後期間の国民年金保険料免除制度

産前産後期間の国民年金保険料免除制度

2021年4月2日更新

次世代育成支援の観点から、国民年金第1号被保険者が出産を行った際には、出産前後の一定期間の国民年金保険料が免除される制度が始まりました。

対象となる方

国民年金第1号被保険者で、出産日が平成31年2月1日以降の方

施行日

平成31年4月1日

国民年金保険料が免除される期間

出産予定日又は出産日が属する月の前月から4カ月間の国民年金保険料が免除されます。なお、多胎妊娠の場合は、出産予定日又は出産日が属する月の3カ月前から6カ月間の国民年金保険料が免除されます。
免除された期間は将来の年金額を計算する際、保険料を納付した期間と同じように扱われます。

注 出産とは、妊娠85日(4カ月)以上の出産をいいます。(死産、流産、早産された方を含みます。)

申請時期

出産予定日の6カ月前から申請ができます。

申請方法

年金手帳またはマイナンバーが分かるもの(マイナンバーカード、通知カード、マイナンバーが記載された住民票)及び本人確認ができるものを持参の上、本庁国保年金課・大東支所・大須賀支所で申請してください。
出産前に申請する場合は、母子健康手帳など出産予定日の確認できるものをご持参ください。

関連リンク

カテゴリー

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる