総合トップ広報かけがわ広報プラスONE2021年5月から6月2021年7月1日 三木つばき選手が母校でセレモニー 聖火リレートーチ市内巡回

2021年7月1日 三木つばき選手が母校でセレモニー 聖火リレートーチ市内巡回

2021年7月1日更新

母校生徒の歓迎をうける三木さん

▲母校生徒の歓迎をうける三木さん

アルペンスノーボーダーの三木つばき選手が聖火リレーで使用したトーチの巡回展示が7月1日、母校の桜が丘中学校で始まりました。多くの子どもたちに夢や希望を与えるとともに、オリンピックを身近に感じてもらうことを目的に、年末までに市内の全小中学校31校を巡ります。
初日のセレモニーでは、全校生徒約420人に迎えられた三木さんがトーチを生徒会長の近藤咲良さんに手渡しました。近藤さんは「多くの方のオリンピックに対する強い思いを感じる」と話し、三木さんは「生徒たちの応援を受けて、絶対にメダルを取って戻ってきたいと改めて感じた。みんなも大きな夢を見つけて頑張ってほしい」と話しました。
三木さんは、全日本スキー連盟の北京五輪派遣推薦基準をクリアしており、出場が有力視されています。

2021年7月1日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる