総合トップくらし・手続き防災防災体制静岡県弁護士会と平時の災害対策及び災害時被災者支援活動に関する協定を締結 平成30年8月30日
総合トップくらし・手続き防災お知らせ静岡県弁護士会と平時の災害対策及び災害時被災者支援活動に関する協定を締結 平成30年8月30日
総合トップ新着情報お知らせ静岡県弁護士会と平時の災害対策及び災害時被災者支援活動に関する協定を締結 平成30年8月30日

静岡県弁護士会と平時の災害対策及び災害時被災者支援活動に関する協定を締結 平成30年8月30日

2018年8月31日更新

1.趣旨・目的

静岡県弁護士会と掛川市は、被災者支援活動において連携して取り組むことにより、被災者の不安解消、法的問題の解決及び再建等に繋げることを目的に、平成30年8月30日に「平時の災害対策及び災害時被災者支援活動に関する協定」を締結しました。

2.協定締結者の紹介

「静岡県弁護士会」は静岡県内に事務所を持つ弁護士及び弁護士法人の全員が加入する弁護士法に基づく法定団体であり、法律相談センターの運営や各種委員会の活動を通じて基本的人権の擁護と社会正義の実現に取り組む団体です。

3.協定の概要

  • 平時の災害対策として防災講話の実施。
  • 被災者支援活動の実施。
  • 支援情報集として災害時Q&A集(静岡県弁護士会ニュース)等の活用及び周知。

4.協定式の様子

協定書にサインする掛川市長と静岡県弁護士会会長
協定書調印の様子

立って前を向き挨拶をする静岡県弁護士会会長
静岡県弁護士会 会長あいさつ

 

被災者支援活動に関する協定の看板の前で、協定書を手に記念写真を撮るか毛笠市長と弁護士の方たち
「平時の災害対策及び災害時被災者支援活動に関する協定」締結式

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる