観光スポット

藤文

【お越しの利用者様へ】

静岡県への緊急事態宣言の発令に伴い、令和3年8月20日から全面休館となります。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、ご理解とご協力をお願いいたします。

日坂宿最後の問屋役を務めた伊藤文七の自宅で、「藤文」は屋号です。
伊藤文七は安政3年(1856年)に日坂宿年寄役となり、万延元年(1860年)から慶応3年(1867年)にかけて日坂宿の問屋役を務めました。維新後の明治4年(1871年)には、日坂宿他27カ村の副戸長に任ぜられました。
その間、幕府の長州征討に50両を献金、明治維新のときは官軍の進発費として200両を寄付しています。

 

 

 

2階建ての伊藤文七の自宅「藤文」

伊藤文七邸「藤文」

土蔵

白い壁の蔵。下側はなまこ壁になっている。
藤文蔵

当時何棟かあったと云われているうちの一棟が、修復され現存しています。
明治4年(1871年)郵便制度が発足すると同時に、日本最初の郵便局のひとつとなった建物と云われています。

 

詳細情報

施設名称 藤文
所在位置 〒436-0003 静岡県掛川市日坂89番地
連絡先 電話:0537-27-2020

注 外観のみ見学可能です。

地図

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる

こんにちは! 掛川の観光についてただいま勉強中です。 掛川について気になることを、たずねてみてね! ご質問はフリーワードまたは次の項目から選んでね。