総合トップ産業・仕事都市計画「歩いて楽しめるまち掛川」を目指します!

「歩いて楽しめるまち掛川」を目指します!

2021年11月24日更新

掛川市ではまちなか(掛川駅から掛川城周辺)にて、公共空間と隣接する私有地を一体の空間として捉え、にぎわいを創出する取り組みを進めることで、居心地が良く歩いて楽しめるウォーカブルなまち(※)を目指し、まちなかウォーカブル推進事業をスタートします。

ウォーカブルな歩行空間(イメージ)

※ウォーカブルなまちとは、まちなかを車中心から人中心の空間へと転換し、人々が集い、多様な活動ができる場にして、豊かな生活空間を実現させるだけでなく、さまざまな地域課題の解決や新たな価値の創造につなげるまちづくりです。
※ウォーカブル【Walkable】とは、「歩く【walk】」と「できる【able】」を組み合わせた造語で、「歩きたくなる」などの意味で使われます。

ウォーカブル推進都市募集について(国土交通省)令和元年7月12日

ウォーカブル推進都市(令和3年6月30日時点)

まちづくりニュース

まずは使ってみる!~社会実験でみんなが求めるまちなかを探求~

ウォーカブルな(歩きたくなる)まちなかにするために、今すぐに建物を建て替えたり、新しい店や事務所を創り出すことはできません。まずは、掛川のまちなかに求められる将来像を見つける必要があります。そこで、現在のまちなかで使える公共空間や道路空間にて、店舗や市民、行政と協力してチャレンジ(社会実験)を繰り返します。

社会実験「かけがわストリートテラス」始まりました!

令和3年度は、掛川城公園内の三の丸広場や連雀西交差点(ねむの木学園やさしいお店前)に、ストリートファニチャーの設置とキッチンカーや移動屋台等の仮設店舗の出店を実施し、まちなかに出かける動機づくりや心地よい滞在空間を創出し、まちなかへの波及効果を検証します。設置するストリートファニチャーは、静岡理工科大学の学生が考案したデザインを基に、掛川市森林組合の御協力により地元掛川産の杉で制作しました。

かけがわストリートテラス_告知チラシ

「かけがわストリートテラス」を利用された方にアンケートを実施しています。アンケートは下記リンクもしくはQRコードより回答ください。

「かけがわストリートテラス」利用者アンケートQRコード

sannomaruhiroba.JPG  renzyakunishi_kousaten_day(1).jpg  renzyakunishi_kousaten_night(1).jpg

211123_連雀西交差点の風景.JPG  211123_三の丸広場の風景.jpg

「かけがわストリートテラス」への出店を希望される方は、下記の運営事務局ホームページをご覧ください。

関連情報サイト

かけがわストリートテラス出店者一覧(令和3年11月18日時点)

11月の出店スケジュール

カテゴリー

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる