総合トップ広報かけがわ2019年10月19日 市民協働で死者ゼロへ 掛川潮騒の杜育樹祭
総合トップ2019年10月19日 市民協働で死者ゼロへ 掛川潮騒の杜育樹祭

2019年10月19日 市民協働で死者ゼロへ 掛川潮騒の杜育樹祭

2019年10月19日更新

作業着をきて下草刈りをしている参加者の様子
下草刈りに従事する参加者たち

市は10月19日、大渕・沖之須地内の県有防災林で進めている海岸防災林強化事業「掛川潮騒の杜(もり)づくり」の育樹祭を行いました。市民やパートナーシップ企業の従業員216人が参加し、下草刈りに汗を流しました。
津波被害の減災が目的。平成24年から実施し、これまでに約3.5ヘクタールに約98,000本の苗木を植樹してきました。今回はクロマツ、ヒメユズリハ、ヤマモモ、ウバメガシなどが植樹された79アールで育樹を実施。参加者らは小さい苗木を抜いてしまわないように周囲を足で押さえながら、根から下草を抜く作業に従事しました。
開始にあたって松井市長は「樹木管理でもっとも大切な除草作業をしていただく。10年後に立派な森ができるよう今後もさらなる協力をお願いします」と呼びかけました。

2012年1月1日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる