総合トップ健康・福祉福祉障がい者福祉関係機関との連携体制の構築
総合トップ目的別ガイド福祉・介護関係機関との連携体制の構築

関係機関との連携体制の構築

2018年11月9日更新

障がいのある方の就労の実現には、それぞれの分野で専門的な機能や技術を持つ、関係機関との連携が欠かせません。
障がい者就労支援事業では、主に近隣の関係機関との連携・協力体制を構築し、一体となって障がいのある方の就労及び就労後の定着支援に努めています。

中央に障がい者・家族・関係者。その周りに商工会議所・商工会、特別支援学校、福祉事業所、市民、市役所、社会福祉協議会、就業支援センター、ハローワーク、500人サポート推進室が、連携・協力体制、一体となって努める様子が、線でつながり、円となっている。各機関それぞれからも中央の障がい者・家族・関係者への関わりの矢印が向かっている。 また、障がい者・家族・関係者から500人サポート推進室への関わりの矢印が出ており、更に500人サポート推進室から事業所などに向かう矢印が向かっている。 障がいのある人の就労の実現を目指す関係機関との連携図

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる