住所関係

2020年6月26日更新

住民票の写し等交付申請

  • 委任状は、必ず請求者本人が記入してください。
  • やむを得ず、目や手が不自由で本人が記入できない等の場合は、お問い合わせください。
  • 個人番号(マイナンバー)及び住民票コード入りの住民票を請求される場合は、必ず請求者本人が個人番号及び住民票コード入りを希望する旨を委任状に記入してください。
  • 委任状は、必ず委任者本人が記入してください。
  • 日付は、必ず記入してください。
  • 住所は、ローマ字の記入でも受け付けできます。
  • 氏名は、必ず在留カードと同じ名前(ローマ字)で記入してください。
  • 署名は、必ずパスポートサインと同じサインをしてください。
  • 生年月日は、西暦で記入してください。
  • 使いみちは、必ず記入してください。
  • 電話番号は、必ず記入してください(本人が電話を持てない場合は勤務先の電話番号)。
  • 委任者との関係は、必ず記入してください。
  • 委任する内容に必ずチェックを入れてください。
  • 証明書が必要な場合は、必ず枚数等を記入してください。

諸申請書

この申請書で請求できる証明書等は以下のものです。

  1. 外国人記載事項証明書
  2. 外国人戸籍届受理証明書
  3. 不在住および不在籍証明書
  4. 転出証明書(準転出証明書)の再交付
  5. 住民票除票(転入届に添付すべき書類として発行するもの)
  6. 就学通知書
  • 4・5・6は、毎週木曜日の時間延長窓口では取り扱いできません。
  • 外国人戸籍届記載事項証明書(婚姻・離婚・出生・死亡等)、外国人戸籍届出受理証明書(婚姻・離婚・出生等)について、請求ができるかたは届出人または利害関係人のみとなります。
  • 不在籍証明は、必ず本籍、筆頭者氏名を確認のうえ請求してください。

カテゴリー

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる