総合トップ健康・福祉福祉障がい者福祉精神障害者保健福祉手帳
総合トップ目的別ガイド福祉・介護精神障害者保健福祉手帳

精神障害者保健福祉手帳

2011年9月6日更新

精神に障がいのある人が、社会復帰や社会参加のために、各種の福祉サービスを受けやすくするための手帳です。

対象となるかた

精神に障がいのある人
障がいの程度のより重いものから順に、1級・2級・3級となります。

内容

税制上の優遇措置が受けられます。
県立施設の利用料等の減免、各市町の独自のサービスの提供があります。
有効期限は2年間です。

手続きのしかた

新規取得の手続き

次のものをご持参のうえ申請してください。

  • 認印
  • 医師の診断書(手帳用)または精神障がいによる障害年金の証書
  • 顔写真(タテ4センチメートル、ヨコ3センチメートル)

(注)障害年金の証書を利用されるかたは、福祉課障害者福祉係までお問い合せください。

氏名、住所変更の手続き

記載内容の変更手続きが必要です。次のものをご持参のうえ申請してください。

  • 写真1枚(上半身、無帽、無背景、タテ4センチメートル、ヨコ3センチメートル)
  • 認印
  • 精神障害者保健福祉手帳

詳しくは、下記お問い合わせ先までお問い合わせください。

有効期限について

手帳の有効期限は2年です。更新の際は新規申請時と同じ手続きが必要です。
有効期限の3カ月前から更新の手続きができます。

返還について

手帳の交付を受けた人が死亡された場合や、精神障がいの状態がなくなった、手帳が不要になった場合は、精神障害者保健福祉手帳の原本を福祉課までご返還ください。

カテゴリー

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる