2022年3月25日 安全・快適な移動が可能に 市道初馬水垂線が開通

2022年3月25日更新

開通に伴う信号点灯の最終チェックを行う関係者

▲開通に伴う信号点灯の最終チェックを行う関係者

 水垂区と初馬区を結ぶ市道郡道坂線のバイパス「市道初馬水垂線」が3月25日、開通しました。事業延長730メートル、幅員16メートルで、総事業費11億円。事業開始から15年目の開通となりました。
 市道郡道坂線は、重要な生活道路であり、城北小学校の通学路にも指定されていますが、道幅が狭い、見通しが悪い、一部歩道がないなどの危険を伴う箇所があり、バイパス化が長年の懸案事項でした。
 市道初馬水垂線の開通により、倉真温泉へのアクセスや小学校へ通う児童の安全性が向上。また、国道1号掛川バイパスや県道方の橋薗ヶ谷線などの東西方向の幹線道路をつなぐ、東名掛川インターチェンジから南北方向の重要な幹線道路が完成しました。
 市道郡道坂線は、市道初馬水垂線との取付工事のため令和4年5月31日まで通行止めとなります。

2022年3月25日

Adobe Reader

このページと
関連性の高いページ

新着情報

お知らせ

イベント

募集情報