総合トップ市政情報寄付企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)のご案内

企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)のご案内

2020年12月11日更新

 

 企業版ふるさと納税は、こころざしある企業のみなさまが、(表紙)企業版ふるさと納税リーフレット1.jpg

地方公共団体の行う地方創生の取組に対して寄附を行った場合に、

税制上の優遇措置が受けられる仕組みです。

 ※掛川市外に本社が所在する企業が対象

(地方税法の「主たる事務所又は事業所」)となります。

税制上の優遇措置

法人住民税等の税額控除の特例措置により、寄附の最大約9割に相当する額が減額対象となります。税制上の特例措置.jpg

 

 

 

掛川市が行う地方創生に向けた取組

掛川市では、「希望が見えるまち・誰もが住みたくなるまち掛川」を目指し、

『掛川市まち・ひと・しごと創生推進計画』を策定し、令和2年3月31日に国の地域再生計画の認定を受けました。

掛川市の地方創生事業を応援いただける企業様を募集しています。

企業にとってのメリット.jpg

主な事業①「松ヶ岡修復活用事業」

 松ヶ岡(旧山﨑家住宅)は、安政3年(1856年)          4.jpg  17.jpg

に山﨑家の住宅として建てられ、明治11年(1878年)

には明治天皇が宿泊されたという歴史を持つ貴重な文化財です。
 掛川市では、この松ヶ岡を修復して後世に永く伝mztagaoka.jpgえ、

人づくりの場、教養を学ぶ場として活用していきます。

日々の保全活動には、市民ボランティアにも大きな協力をいただいています。日本で初めて「教養」という言葉が使われたまち掛川で、松ヶ岡の保存活用に協働していただける企業様をお待ちしております。

 

2020年度事業費:33,473千円

寄附可能上限額:15,737千円

主な事業②「掛川潮騒の杜事業」

 当市では、南海トラフ巨大地震により想定される最大 11.jpg  15.jpg  17.jpg

クラス(レベル2)の津波により浸水被害が想定されてい

ることから、“地震・津波による死亡者ゼロ“を目指し、shiosai.jpg

レベル2津波に対応した高さに防潮堤を嵩上げし、クロマツや広葉樹を植樹する海岸防災林強化事業「掛川モデル」を、平成26年度より着手しました。
 盛り土や植樹などの工事から維持管理までを、市民・企業との協働と、国や県などの事業との連携、協力により行い、次世代を担う若者や子どもたちが集う「掛川潮騒の杜」づくりを推進しています。

 

2020年度事業費:561,630千円

寄附可能上限額:561,630千円

寄附の流れについて

①寄附申し込み(企業様)

 寄附申込書を市へ提出ください。(持参・郵送・E-mail・FAX)

寄附申出書 (DOCX 15.5KB) 寄附申出書 (PDF 60.4KB)

提出先:436-8650 静岡県掛川市長谷1丁目1番地の1

    掛川市役所企画政策部企画政策課

E-mail:kikaku@kakegawa.shizuoka.jp

TEL:0537-21-1127

FAX:0537-21-1167

 

②寄附の払込方法のご案内(掛川市)

市から企業様へ払込方法をご案内します。

 

③寄附の払込(企業様)

企業様から市へ寄附金を納付いただきます。なお、寄附金の総額は事業費の範囲内となります。

 

④受領証の交付(掛川市)

市から企業様へ受領証を交付します。

 

⑤税の申告(企業様)

企業様は租税の申告時に、受領証の写しを税務署に提出し、地方創生応援税制の適用がある旨を申告します。

留意事項

  • 本社が所在する地方公共団体への寄附については、本制度の対象となりません。
  • 外国法人を含め、青色申告書を提出している法人が対象となります。
  • 1回当たり10万円以上の寄附が対象となります。
  • 寄附を行うことの代償として経済的な利益を受け取ることは禁止されています。

カテゴリー

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる