総合トップ記事掛川市海岸線地域ビジョン

掛川市海岸線地域ビジョン

2021年3月19日更新

ビジョン策定の経緯について

掛川市の海岸線地域は、遠州灘や南遠大砂丘、多くの事業所や新エネルギー施設、特徴的な砂地農業、様々なスポーツ施設やシートピアなどが立地し、総合的に高いポテンシャルがあります。一方で、東日本大震災以降、津波の被害が想定される海岸線地域は、全国的にマイナスイメージが先行していることから、掛川市を含め多くの自治体でハード、ソフト両面で対策が進展しており、イメージの払しょくが求められています。
そこで、市民や企業、行政等が海岸線地域の将来像や取組み方針を共有し、イメージを向上させ、この地域が再び注目され、人や投資を呼び込むエリアとなり、併せて掛川市全体の発展につなげていくものです。

ビジョンは、約20年後を見据えて策定しています。範囲としては、概ね国道150号線より南側の東西約10キロを対象範囲としています。

海岸線地域ビジョンダウンロード

海岸線地域ビジョンの内容について

海岸線地域の将来像を広大な海浜と潮騒の杜に抱かれた「希望と活力にあふれる新産業レクリエーションエリア」と定め、3つの柱にそって推進していきます。

1 海岸線を活かし、魅了する

  • ここにしかない遠州灘と南遠大砂丘の自然の魅力を発信し、人々を魅了します。
  • 海岸線ならではの景観・海の幸・潮騒の杜を活かし、地域の魅力をさらに高めます。

2 海岸線で楽しむ

  • スポーツ・レクリエーションをする人、みる人、すべての人が楽しめ、行きたくなるような海岸線を目指します。
  • 次の時代を見据えてわくわくする取組みにより、海岸線で楽しんでもらえる工夫をします。

3 海岸線で働き、生み出す

  • エネルギーや食の地産地消が注目されている中、海岸線の特性を活かしたエネルギー産業や農業の振興により、地域全体に好影響を与える海岸線地域を目指します。
  • 海岸線で新産業の立地促進や新しいライフスタイルの提案により、活力あふれる海岸線地域をつくります。

各取組み内容については、ビジョンをダウンロードしてご覧ください。

意見公募(パブリックコメント)について

ビジョン策定にあたり、その検討内容を事前に明らかにするとともに、広く市民の皆様からご意見をいただくため、パブリックコメントを次のとおり実施しました。その結果、6件のご意見をいただき、ご協力ありがとうございました。

実施期間:令和3年1月22日(金)から2月21日(日)まで
閲覧場所:市ホームページ、市役所本庁5階市長政策室・4階テラス情報公開コーナー、大東支所、大須賀支所

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる