家庭教育学級

2020年4月1日更新

掛川市では市内の保育園・幼稚園・幼保園・こども園に通う子どもを持つ保護者を対象にした、家庭教育学級を開設しています。

家庭教育学級とは

家庭教育(子育て等)に対しての迷いや悩み、不安などの解決や解消と、親同士のネットワーク作りを目指して、親自身が学ぶ場です。

家庭教育学級の目的

  • 親自らが、子どもの成長や子どもをとりまく環境、文化、生活について考え、学習する。
  • 親自らが、学習会を通してコミュニケーションを深め、地域に親のネットワークを築く。

対象

保育園、幼稚園、幼保園、こども園に通う子の保護者

運営主体

学習の計画から運営は、園の協力を得ながら各園の代表保護者が行います。(自主運営)

活動期間

年間を通して開催しています。

学習内容

  • 有識者の話を聞くことや体験を通して、目的をかなえる学習(例:スマホアドバイザー、保健師)
  • 親同士や有識者との話し合いを通して、目的をかなえる学習(例:グループワーク)
  • 親子の触れ合いを通して、目的をかなえる学習(例:親子体操、親子クッキング)
  • 文化活動や体を動かすことで心身のリフレッシュにつなげ、目的をかなえる学習(例:ヨガ、スクラップブッキング)

参加希望や詳細につきましては、お子様が通われている幼稚園、幼保園、または教育政策課社会教育係(電話:0537-21-1157)までお問い合わせください。

カテゴリー

閲覧履歴

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる