掛川市消防団の紹介

2021年6月7日更新

 

7.JPG

消防団の紹介

掛川市消防団の新エンブレム、変形扇形で緑地に黄色文字刺繍のKAKEGAWA、中央には消防団員が子供を抱き上げている。その左右に緑色の葉の刺繍、その下にオレンジ地に白文字刺繍の本部
掛川市消防団の新エンブレム(令和元年度から)

団長あいさつ「防災レベルの高い実践に即した消防団を目指して」

掛川市消防団は、一市二町(旧掛川市、旧大東町、旧大須賀町)の合併に伴い平成17年4月1日に誕生しました。
第1方面隊から第6方面隊が旧掛川市、第7方面隊から第8方面隊が旧大東町、第9方面隊から第10方面隊が旧大須賀町と、市内30の分団が10の方面隊で組織されています。それぞれ分団は消防ポンプ自動車と小型ポンプを保有し、市民の安全と安心を守っています。
令和3年度は消防団員数が784名(うち女性団員14名)でスタートし活動しております。
消防団員は普段は仕事をしながら、「自らの地域は自ら守る」という郷土愛護の精神に基づき、災害発生時は自宅や職場などから出動し活動します。消防団への地域の皆様からの期待は大きく、火災だけでなく、風水害などあらゆる災害に対応するため、実践に即した訓練を行い、有事の際に迅速な対応で被害を最小限に食い止めることが我々の責務となります。
地域の皆様のために何ができるのかを考え、団員が一丸となり、よりレベルの高い消防団を目指し、地域の防災リーダーとして市民の安心・安全を守るよう、日々努力しておりますので、ご支援ご協力のほどよろしくお願いいたします。

入退団式

掛川市消防団の入退団者の辞令交付と新体制を確認するとともに、退職者へのお礼と新入団員への激励が来賓および関係者の臨席のもと実施されます。
なお、令和3年度の入退団式は令和3年3月28日に総合体育館さんりーなで行われました。

令和3年度入退団式の様子(令和3年3月28日)

1.jpg

新入団員による宣誓

3.jpg

入退団式 旗手及び護衛

車両配属式 ~ 大東第一分団に最新鋭の消防車両を配属 ~

令和3年3月20日に、車両貸与・配属式を執り行いました。

消防団活動は多岐に渡り、現在は火災だけでなく、風水害による水防活動や行方不明者の捜索活動を行っています。
今回配属した車両は、救助用資機材やAEDを積載しており、総務省消防庁より無償貸し付けされた最新鋭の車両となります。
この車両を有効活用し、皆さんの安心・安全を守ります。

鈴木団長より配属証を受け取る赤堀分団長

大東第一分団に配属された最新車両と積載資機材

ダウンロード

カテゴリー

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる