総合トップ掛川茶掛川茶をもっとPR【報告】第41回掛川茶贈呈式(R3.6.10)

【報告】第41回掛川茶贈呈式(R3.6.10)

2021年6月24日更新

掛川茶を受け取った代表児童・生徒たち(前列)/掛川茶振興協会会長・副会長(後列)

深蒸し掛川茶贈呈 市内小中学校など85か所へ

 掛川市役所で6月10日、掛川茶の贈呈式が行われ、掛川茶振興協会(久保田崇会長)から深蒸し掛川茶1,294㎏が市内の幼稚園や小中学校、福祉施設など85か所に贈られました。
 本事業は昭和56年からスタートし、今回で41回目。子どもたちがお茶を飲んで、心身共に健康に生活できるよう願いを込めて贈られました。
 久保田会長は「市民には当たり前すぎて気付きづらいが、お茶は掛川が誇る特産品。みんなで飲んで、団らんも楽しんでほしい」と話し、お茶を受け取った掛川東中学校3年生の榛葉千桜(ちはる)さんは「風邪の予防にも効果的なので、残さず飲んで健康に過ごしたい」と話しました。

掛川茶贈呈事業概要

  • 贈呈歴:昭和56年から事業開始(今回で41回目)
  • 寄贈者:掛川茶振興協会(市内茶商社、JA掛川、JA遠州夢咲)計36社
  • 受贈者:市内幼稚園、こども園、保育園、小中学校、高等学校、特別支援学校、福祉施設
  • 目 的:1)子どもたちに幼いころから掛川茶に慣れ親しんでもらい、掛川茶を愛飲いただくため   2)掛川茶の美味しさ、素晴らしさを発信していただくため
  • 活用方法:贈呈されたお茶は給食等で子どもたちに提供

贈呈式概要

  • 日 時:令和3年6月10日(木)午後4時30分~
  • 会 場:掛川市役所
  • 寄贈者代表:掛川茶振興協会会長、副会長
  • 受贈者代表:さやのもり代表園児、第二小学校代表児童、東中学校代表生徒

カテゴリー

infomation
第74回全国茶品評会
(深蒸し煎茶の部)
掛川市産地賞受賞
全国最多通算22回目
 このたび鹿児島県南九州市で開催された第74回全国茶品評会(深蒸し煎茶の部)の審査結果が発表されました。
 関係各位の御努力の結果、農林水産大臣賞を受賞した掛川中央茶業(株)をはじめ、掛川市からの出品茶が多数上位入賞を果たされたことにより、 全国最多通算22回目の産地賞を受賞することが出来ました。
詳しくはこちら!

新着情報

お知らせ

イベント

募集情報

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる