総合トップ産業・仕事農業・林業農業支援鳥獣被害防止対策設備設置費補助金
総合トップ産業・仕事農業・林業届け出・手続き鳥獣被害防止対策設備設置費補助金
総合トップ産業・仕事農業・林業鳥獣関係鳥獣被害防止対策設備設置費補助金

鳥獣被害防止対策設備設置費補助金

2020年4月8日更新

市では、鳥獣による農作物の被害等を防止するため、鳥獣被害防止対策設備を設置する者に対し、予算の範囲内において補助金を交付します。

補助の対象

鳥獣被害防止対策設備の設置に要する以下のような経費

  1. 電気柵及び付帯設備
  2. 耐用性隔障物(金網・トタン板・網等)
  3. 箱わな
  4. その他有効と認められる資材

注:テスターなどは補助対象外となります。

補助対象者

  1. 市内に住所を有し、又は市内において自己が所有する農地を耕作し、鳥獣による農作物の被害等を受けている方(箱わなを購入する場合にあっては、わなの狩猟免許を取得している者であること。)
  2. 鳥獣被害防止に関する対策を実施する自治区、部農会、その他の団体(箱わなを購入する場合にあっては、構成員のうちにわなの狩猟免許を取得している者がいること。)

補助率

経費の3分の1以内とし、100,000円を限度とする。

提出期限

令和4年2月28日まで
注:予算がなくなり次第、補助終了となります。

提出書類

  • 鳥獣被害防止対策設備設置費補助金交付申請書
  • 設置場所の位置図
  • 設置に要する経費の内訳が明示された見積書その他これに類する書面
  • 柵等の設置状況を撮影した写真(撮影角度が異なるものを2枚)
  • 領収書その他これに類する書面の写し
  • 箱わなを購入した場合は「わな猟免状(わな猟の免許)」の写し(個人の場合)
  • その他市長が必要と認める書類
  • 請求書

申請書ダウンロード

記入例

電気柵の安全な設置について

カテゴリー

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる