令和5年度掛川市人権講演会を開催します

2023年11月20日更新

掛川市では、私たちの身近にある人権に関する課題を題材に、毎年さまざまな講師を招き講演会を開催しています。
今回は落語家の桂 文太(かつら ぶんた)氏を講師にお招きし開催します。
50歳頃からの発病、失明。盲目の苦労話や誘導犬ユウゴと訓練のお話。困難ではあるが、笑いは絶えません。
障害者理解も深まる講演会で、講演後の落語も必聴です。

人権講演会チラシ (JPG 139KB)

令和5年度掛川市人権講演会

日時

令和5年12月23日(土) 午後1時30分から午後3時まで

場所

掛川市文化会館シオーネ 大ホール(掛川市大坂7373番地)

申込方法

電話または申込フォーム(インターネット)でお申込みください。
お申込み時に、聴講希望者全員の氏名、住所、連絡先を伺います。
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、当日は各自でマスクの着用や手指の消毒など対策をお願いします。
※当日発熱・咳など体調がすぐれない場合は、参加をご遠慮ください。

R5掛川市人権講演会申込フォーム1.png

ダウンロード

桂 文太さんの紹介


1952年7月10日生まれ。京都市立紫野高等学校卒業後、1971年3月3日に三代目桂小文枝(後の五代目、桂文枝)に、三枝(六代目、文枝)、きん枝、文珍の"桂3兄弟"に次ぎ、弟子入り。上方落語に留まらず、江戸落語や芝居噺をアレンジした「贋作」など、珍しい噺も手掛ける。大阪市阿倍野区で49年間(910回)続いた地域寄席・田辺寄席には、1974年の第1回より出演し、2023年3月18日で幕を下ろすまで出演を続けた。
地道に高座を務めていたが、50歳のころ、視野が欠けるなどの自覚があり、網膜色素変性症と診断され、その後、失明。現在は盲導犬のユウゴとともに行動。
2015年6月11日、入門45年、62歳11か月にして、NGK(大阪)で初独演会を開催。史上最も遅咲きの花月初独演会。

Adobe Reader

このページと
関連性の高いページ

新着情報

2024年2月27日

掛川市学校給食通信

2024年2月20日

ひきこもり支援

お知らせ

イベント

2024年2月20日

ひきこもり支援

2024年1月4日

地区集会

募集情報