掛川市営住宅等長寿命化計画を策定しました

2023年4月3日更新

掛川市営住宅等長寿命化計画の策定について

1.計画策定の目的

 本市では、2020年(令和2年)3月末時点において、15団地、36棟、528戸の市営住宅等を管理しています。
 既に耐用年数を超過している住宅や、躯体等の補修が必要な住宅がみられるものの、そのすべてを一斉に更新することはコスト面から不可能であり、財政状況等を踏まえ、計画的に対応する必要があるとともに、今ある住宅ストックを今後も長期的に活用するための取り組みを進めていく必要があります。
 掛川市営住宅等長寿命化計画(以下、「本計画」という。)の目的は、安全で快適な住宅の確保、予防的な点検を充実して長期的な維持管理を実現するとともに、高齢者世帯等の入居者に配慮した住宅とするための改善を実施するなど、今後の住宅に関して長期使用の考え方を明らかにすることで、現在管理している住宅について効果的かつ効率的な維持管理を実現することを目的とします。また、既存施設の長寿命化や適切な用途廃止等により、ライフサイクルコストの縮減及び事業費の平準化を図ることを目的とします。

2.計画期間

2021年度(令和3年度)から2030年度(令和12年度)までの10年間

3.掛川市営住宅等長寿命化計画データ

次のPDFファイルから掛川市営住宅等長寿命化計画を閲覧することができます。

掛川市営住宅等長寿命化計画 (PDF 6.15MB)

Adobe Reader

このページと
関連性の高いページ

新着情報

お知らせ

2024年6月12日

掛川市学校給食通信

イベント

募集情報