6月23日~6月29日は男女共同参画週間です

2023年7月3日更新

6月29日 表敬訪問

令和5年度男女共同参画週間キャッチフレーズに採用された掛川西高校3年生の戸塚俊作さんが、6月29日掛川市役所を訪れ、久保田市長にキャッチフレーズに込めた思い等を報告しました。

内閣府が「男女共同参画社会の実現と女性活躍の推進に向けた、日本国内、国際社会へのメッセージ」をテーマにユース世代を対象に募集し、応募総数4,326点の中から戸塚さんの作品が最優秀作品に選ばれました。

IMG_5150.JPG IMG_5168.JPG

戸塚俊作さんへのインタビューはこちら

男女共同参画週間について

内閣府男女共同参画推進本部は、「男女共同参画社会基本法」の公布・施行日である平成11年6月23日を踏まえ、毎年6月23日から29日までの1週間を「男女共同参画週間」としています。
 本年度のキャッチフレーズは「無くそう思い込み、守ろう個性 みんなでつくる、みんなの未来。」です。このキャッチフレーズは、市内の学校に通う高校生が考えた作品です。
 職場で、学校で、地域で、家庭で、それぞれの個性と能力を発揮できる「男女共同参画社会」を実現するためには、みなさん一人ひとりの取組が必要です。
 私たちのまわりのパートナーシップについて、この機会に考えてみませんか。

掛川市の取組の一環として、身の回りにある無意識の偏見や思い込みに気づき、自分事とするために「性別に関するモヤッと体験談」を募集します。

下記フォームから、あなたのモヤッと体験談を教えてください。

http://logoform.jp/form/r3tv/292702      

QRコード.png


体験談の具体例

・「男性なのに、料理をしてえらいね」と褒められる。

・小さいころ「女の子なんだから、家事を手伝いなさい」と言われた。

・男性が家事をすると「イクメン」、女性がプロポーズすると「逆プロポーズ」と言われる。

※ご応募いただいた体験談については、無意識の偏見や思い込みをなくすため、市HPや男女共同参画情報誌「ゆめこらぼ」等で公表させていただくことがあります。

 


なお、その他にも下記の取り組みを行っています。


1.男女共同参画週間キャッチフレーズ懸垂幕の設置(本庁・両支所・各図書館)
2.広報かけがわ6月号へ関連記事の掲載
3.男女共同参画情報誌「ゆめこらぼ展」(本庁2階テラス)
4.ホームページへの掲載
5.行政モニターへの掲載
6.関連図書の展示(各図書館)

関連リンク

R5表 チラシ(男女共同参画週間).jpg

Adobe Reader

このページと
関連性の高いページ

新着情報

お知らせ

イベント

募集情報