総合トップ掛川茶掛川茶をもっと知る掛川茶をおいしく淹れるコツ
総合トップ掛川茶掛川茶をもっと味わう掛川茶をおいしく淹れるコツ

掛川茶をおいしく淹れるコツ

2019年7月4日更新

急須、お茶、お茶の葉を上から写した写真

ここでご紹介するのは、一般的なお茶の淹れ方です。
茶葉の量、お湯の温度、蒸らし時間など、いろいろ試して自分に合った最適な淹れ方を探してみましょう。

 

掛川茶をおいしく淹れるコツ1

掛川茶をおいしく淹れるコツ2

掛川茶をおいしく淹れるコツ3

掛川茶をおいしく淹れるコツ4

掛川茶をおいしく淹れるコツ5

掛川茶をおいしく淹れるコツ6

  1. 人数分の湯呑みにお湯を注ぎ、適温70℃前後になるまで湯冷ましします。
    湯冷ましがある場合は、湯冷ましをご利用ください。
  2. 湯冷まししている間にお茶の葉を急須に入れます。1人分は約3グラム
  3. 湯冷まししたお湯を急須に注ぎ、蓋をして30秒から60秒静かに待ちます。
  4. 味が均一になるように少しずつ廻し入れます。往復するように。
    ポイント:急須のフタの穴を注ぎ口の方向に合わせてね。急須の中で茶葉が踊ってお茶がよく出ます。
  5. 最後の一滴までしっかり注ぎ切りましょう。
    急須の中にお湯が残ると二煎目が濃くなってしまいます。
    ポイント
    • 旨みの詰まったゴールデンドロップです。最後の一滴まで!!
    • 注ぎ終わったら、茶葉が蒸れすぎないように少し急須のフタをずらしておいてね。

二煎茶は10秒程度の蒸らしで十分です。
茶葉の種類や急須に入れる量によって、お湯の温度・蒸らし時間は変化します。いろいろ試し、最適な温度・時間を探しましょう。

急須は「深蒸し茶」用がおすすめです

深蒸し茶は粉が多いため、網目の細かい「深蒸し茶用急須」をお使いいただくことをおすすめします。

帯アミ急須の写真
帯アミ急須

平アミ急須の写真
平アミ急須

 

カテゴリー

infomation
第75回全国茶品評会
(深蒸し煎茶の部)
掛川市産地賞受賞
全国最多通算23回目
 このたび静岡市で開催された第75回全国茶品評会(深蒸し煎茶の部)の審査結果が発表されました。
 関係各位の御努力の結果、農林水産大臣賞を受賞した松下園をはじめ、掛川市からの出品茶が多数上位入賞を果たされたことにより、 全国最多通算23回目の産地賞を受賞することが出来ました。
詳しくはこちら!

新着情報

お知らせ

イベント

募集情報

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる