総合トップ健康・福祉健康予防接種高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種をご希望の方へ
総合トップ目的別ガイド福祉・介護高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種をご希望の方へ

高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種をご希望の方へ

2021年7月30日更新

高齢者肺炎球菌ワクチン接種

平成26年10月1日から高齢者肺炎球菌ワクチンが定期予防接種(国が国民に接種を推奨するワクチン)になりました。65歳以上の対象者の方にお知らせを送付します。

令和3年度の予診票発送時期

  • 令和3年7月30日に発送しました。(例年4月に対象者へ予診票を発送しておりますが、今年度は新型コロナワクチン接種の関係により、発送時期を変更しました。)

令和3年度の接種対象者

掛川市に住所を有する令和3年度に次の年齢となる方

  1. 令和3年度に次の年齢となる方

65歳:昭和31年4月2日生まれから昭和32年4月1日生まれの方
70歳:昭和26年4月2日生まれから昭和27年4月1日生まれの方
75歳:昭和21年4月2日生まれから昭和22年4月1日生まれの方
80歳:昭和16年4月2日生まれから昭和17年4月1日生まれの方
85歳:昭和11年4月2日生まれから昭和12年4月1日生まれの方
90歳:昭和6年4月2日生まれから昭和7年4月1日生まれの方
95歳:大正15年4月2日生まれから昭和2年4月1日生まれの方
100歳:大正10年4月2日生まれから大正11年4月1日生まれの方

  1. 接種日に60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害を有する方

注 通知が発送された方であっても、過去に肺炎球菌ワクチン(ポリサッカライド)を接種されたことのある方は定期接種の対象外になります。

接種期間・接種回数・接種費用・持参するもの・申込み方法

  • 接種期間:令和3年4月1日から令和4年3月31日まで
  • 接種回数:1回
  • 接種費用:掛川市の公費負担額を差し引いた3,000円を接種した医療機関でお支払いください。(生活保護を受給されている方は無料になりますので、事前に市福祉課へ申請してください。)
  • 持参するもの:送付された予診票、健康保険証
  • 申込み方法:「掛川市指定医療機関」に電話等で予約をしてください。(予防接種はかかりつけ医で受けるようにしましょう)

他の予防接種を受けている場合の接種間隔

  • 生ワクチンと不活化ワクチン(インフルエンザ予防接種等)を接種する場合の接種間隔は制限はありません。ただし、医師が特に必要と認めた場合、同時接種を行うことができます。

高齢者肺炎球菌予防接種と新型コロナワクチンの接種間隔

  • 新型コロナワクチンを接種する場合について、前後に他の予防接種を行う場合は、13日以上の間隔をおきます。同時接種は行いません。
  • 高齢者肺炎球菌予防接種と新型コロナワクチンの両方を受ける方の接種スケジュール例は下記のとおりです。

※ファイザー社製の新型コロナワクチン1回目と2回目の間には、高齢者肺炎球菌予防接種を受けないようにしてください。

【接種例1】新型コロナワクチン(ファイザー社製)を先に受ける場合

新型コロナワクチン(ファイザー社製)1回目

↓3週間あける

新型コロナワクチン(ファイザー社製)2回目

↓2週間以上あける

 高齢者肺炎球菌予防接種

【接種例2】高齢者肺炎球菌予防接種を先に受ける場合

高齢者肺炎球菌予防接種

↓2週間以上あける

新型コロナワクチン(ファイザー社製)1回目

↓3週間あける

 新型コロナワクチン(ファイザー社製)2回目

※最新の情報は厚生労働省のホームページ等を確認して必要な間隔をあけて接種してください。

その他

掛川市へ転入された方は健康医療課までお問い合わせください。(転入前の市町村で発行された予診票を使用することはできません)

75歳以上の方で任意接種を希望される方への公費助成も継続しています。

  • 過去5年間に肺炎球菌ワクチンを接種されていない、定期接種対象外の75歳以上の方で、市の助成を受けて接種されたことがない方は、徳育保健センターまたは大東ふくしあ(支所)、大須賀ふくしあ(支所)へ申請していただければ、予診票を発行します。印鑑、保険証を持参し、申請してください。支所で申請されますと、予診票を1週間程で郵送します。助成は1回のみです。
  • 任意接種の方の接種費用は、掛川市の公費負担額を差し引いた5,000円を接種した医療機関でお支払いください。

ダウンロード

カテゴリー

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる