総合トップくらし・手続き国民健康保険検診・医療機関国民健康保険加入者の特定健診のご案内

国民健康保険加入者の特定健診のご案内

2021年11月18日更新

令和3年度特定健診は、まもなく終了します。
受診がお済みでない方は、お急ぎください。

特定健診を受診されるみなさんへ

特定健診実施医療機関では、感染症対策を行っています。
ご本人、ご家族に発熱・のどの痛み・咳・下痢・嘔吐などの症状がみられるときには、後日、体調のよい日に受診してください。
受診当日は、あらかじめ体温を測るなど体調を確認のうえ、マスク着用でお越しください。

特定健診とは、高血圧症や糖尿病など生活習慣病の"芽"である「メタボリックシンドローム」を早い段階で見つける健診です。
ご自身の健康を守るために、年に1回、特定健診を受け、「カラダ・メンテナンス」をしましょう。特定健診受診票の通知は青色の封筒です。

240×320size
  特定健診受診票の通知封筒

受診票送付対象者

令和3年4月1日時点で掛川市国保加入の、40歳から74歳の方(令和4年3月31日時点の年齢)
令和3年4月2日以降に国保へ加入された方で、特定健診の受診を希望される方は、健康医療課特定健診係(電話番号:0537-62-6151)までご連絡ください。

実施時期

受診票が届いた日から12月まで受診できます。11月~12月に受診される場合は医療機関へ問い合わせてから受診してください。

実施機関

令和3年12月まで受診できる「健診実施医療機関一覧表」でご確認ください。

(予約が必要な医療機関は、電話で予約をしてください)

自己負担金

1,200円
40歳、50歳、60歳、70歳(令和4年3月31日時点)の方は無料

検査項目

診察、身体計測(身長・体重・腹囲)、血圧測定、血液検査(血清脂質・肝機能・血糖・腎機能・貧血)、尿検査(糖・蛋白)など

持ち物

  1. 国民健康保険被保険者証 (お持ちでない方は受診できません)
  2. 受診票
  3. 自己負担金 1,200円(令和4年3月31日時点において40歳、50歳、60歳、70歳の方は無料)
  4. おくすり手帳またはかかりつけ手帳(持っている方)

注意事項

  • 医師の診察、お腹周りの計測がありますので、脱ぎ着しやすい衣服でお出かけください。
  • なるべく検査前10時間以内は飲食をしないでください。(水、お茶はかまいません)
  • 健診結果により、結果表をお返しする方法が異なります。(詳しくは特定保健指導のページをご覧ください)

同時期に、75歳以上(および65歳以上で一定の障がいのある方)の後期高齢者医療保険加入者の健診を実施します。受診票は7月頃に郵送しました。
受診料は500円、健診結果は郵送します。

(注)特定健診、特定保健指導は医療保険者(市町村国民健康保険、健康保険組合など)に義務づけられています。国保以外の医療保険の加入者および被扶養者は、職場の健康保険の担当にお問い合わせください。

健診の流れ

  1. 令和3年12月まで受診できる「健診実施医療機関一覧表」より受診する医療機関を選びます。
  2. 特定健診を受診します。
  3. 健診後、約1ヶ月で健診結果がでます。
  4. 対象者として選ばれた方は、特定保健指導が受けられます。

特定健診の対象ではない方

  • 令和3年度にお勤め先で健康診断を受診している、または受診予定
  • 令和3年度に国保人間ドックを受診している、または受診予定
  • 妊産婦(妊娠中または出産後1年以内)
  • 病院または診療所に6ヶ月以上継続して入院している。
  • 障がい者支援施設・養護老人ホームまたは特別養護老人ホーム・介護保険施設へ入所または入居している。

上記に該当される方は、健康医療課特定健診係までご連絡ください。

令和3年4月1日から令和4年3月31日の期間に、勤務先での健康診断、定期通院中の検査を受ける方は結果報告をお願いします

勤務先などで健康診断を受けた場合、結果のコピーを健康医療課にご提出いただくと、特定健診を受診したことになります。みなさまの健診結果は、ご自身の健康状態の把握のみならず、市の事業の充実や医療費適正化につながります。ご自分や地域全体の健康維持のために、ぜひご協力をお願いいたします。
詳しくは、健康医療課特定健診係までご連絡ください。

関連リンク

カテゴリー

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる