地産地消の推進

2011年9月14日更新

掛川市では、道の駅掛川をはじめ、農協直売所、観光農業施設などの農産物直売所が各所に設置され、市内外から多くの消費者が訪れています。
また、市内の各給食センターにおいては、多くの掛川産農産物が学校給食の食材に使用され、あわせて、農作業体験などの「食育」の取り組みが推進され、食材と農業の大切さを伝えています。
生産者、消費者、関係団体及び食品業界などと連携し、さらなる「地産地消」への取り組みを推進し、掛川市の豊かな食材と食文化をより多くの市民に認識してもらい、掛川産農産物の生産と消費拡大、市民の健全な食生活の実現、地域の食文化の伝承と創造、食育の推進を図ります。

掛川市地産地消推進協議会

掛川市における新鮮で安全・安心な地場農産物や加工品等の安定的な生産、供給および地域内での消費について、生産・加工・流通・消費等、関係するものが連携して積極的に推進し、総合的は地産地消の拡大と定着化を図ります。

掛川市地産地消施策推進本部

掛川市地産地消推進協議会と連携して、新鮮で安心な地場産農産物の安定的な供給及び地域内での消費を積極的に推進し、総合的な地産地消の拡大と定着化を図ります。

カテゴリー

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる