子育て協働モデル事業~高久書店ほんわか俳句大賞~

2022年8月31日更新

令和4年度子育て協働モデル事業として採択されました!

 掛川ほんわかブッククラブが主催する「高久書店ほんわか俳句大賞」は、幼児・小中学生から高齢者まで幅広い世代が俳句を通じて郷土の良さを発見し、郷土への愛情を育てるきっかけ作りができる事業です。ぜひ多くの方の応募をお待ちしております。

高久書店ほんわか俳句大賞

 土屋由美子写真集『日々のことのは』を句題として、『この写真で一句』高久書店ほんわか俳句大賞の作品を以下の要領で募集します。入選句は書家の松本玉葉さん、玄碩さん、高校の書道部の生徒により色紙短冊にしていただき、土屋由美子写真展(於:掛川市立3図書館)にて発表展示をいたします。日頃から俳句に親しんでいる方、あまりご縁がない方、どなたでも、写真集の1枚の写真を鑑賞し、俳句を作って投句してみませんか?

実施要領

【応募部門】
一般の部 学生の部(高校生以下)
【応募方法】
写真集『日々のことのは』を高久書店、その他にて購入(1冊300円)・・これを投句料とする(高校生以下無料)
巻末にある専用の投句用紙に必要事項を記入(写真番号をお忘れなく)
高久書店や図書館等に設置してある投句箱にご投函ください。
高校生以下は書店内フリースペースに写真集と投句用紙がありますので, 申し出てください。
【締め切り】
令和4年9月15日(木)
【結果発表】
10月末日
【作  品】
写真集1冊につき1句まで。2句以上投句する際は句数の写真集をご購入ください。
(高校生以下については1人1句とさせていただきます。)
【選  者】
鈴木大輔、堀内康史、三宅早苗、小川雅子
【お問合せ】
〒436-0079 掛川市掛川642番地の1 高久書店
TEL 0537-29-6120

Adobe Reader

このページと
関連性の高いページ

    新着情報

    2022年12月5日

    掛川市学校給食通信

    お知らせ

    2022年12月5日

    掛川市学校給食通信

    イベント

    募集情報

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる