観光スポット

トップ特設観光スポット大手門・大手門番所

大手門・大手門番所

大手門

立派なたたずまいの大手門

大手門は天守閣に続いて平成7年(1995年)に復元されたもので、大きさは間口7間(約12.7メートル)、奥行3間(約5.4メートル)の二階建です。
掛川城の表玄関にふさわしい楼門造りの本格的な櫓門は、木造日本瓦葺き入母屋づくりになっています。白壁で板ひさしが配され、棟の上にはシャチ瓦が飾られた勇壮な構えです。
実際は現在地より50メートルほど南にありました。

大手門番所

番所の建物

江戸時代末期に建てられたこの番所は、城内に出入りする者を監視する役人の詰め所でした。
この番所は、掛川宿と掛川城とを連絡する唯一の番所で、城内に出入りする者は全てここで調べられました。現在残されている建物は、嘉永7年(1854年)の大地震で倒壊後、安政6年(1859年)に再現されたものです。番所が現存するのは全国的にも珍しく、市の文化財に指定されています。

 

詳細情報

施設名称 大手門・大手門番所
所在位置 〒436-0091 静岡県掛川市城下27番地(大手門)・城下6番地3(大手門番所)

関連リンク

地図

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる

こんにちは! 掛川の観光についてただいま勉強中です。 掛川について気になることを、たずねてみてね! ご質問はフリーワードまたは次の項目から選んでね。