総合トップくらし・手続き防災地震対策国内初!プレストレストコンクリートによる津波避難施設完成

国内初!プレストレストコンクリートによる津波避難施設完成

2018年10月12日更新

平成25年3月27日に掛川市菊浜と今沢に津波避難施設が完成しました。

特徴

掛川市が建設した津波避難施設の特徴の1つは、柱、梁、床版にプレストレストコンクリートを使用した人工地盤型の津波避難施設ということです。プレストレストコンクリートとは、ピアノ線のようなワイヤーを引っ張り、緊張状態で固めたコンクリートで、高耐震・高耐久性に優れていおります。また、壁や柱が少ないことから、津波の波力も受けにくい構造となっています。2つめは、避難の際に階段で混雑しないように階段の幅1.6メートルと広くしています。3つめは、階段や屋上のフェンスを高くしており、安全な避難が可能となっています。

概要

  1. 菊浜津波避難施設
    1. 所在地 掛川市菊浜434-1 他
    2. 施設の高さ 10メートル(海抜15メートル)
    3. 避難面積 200平方メートル
  2. 今沢津波避難施設
    1. 所在地 掛川市西大渕1563-1
    2. 施設の高さ 12メートル(海抜15メートル)
    3. 避難面積 125平方メートル

菊浜にある津波避難施設
菊浜津波避難施設

今沢の津波避難施設
今沢津波避難施設

 

カテゴリー

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる