2022年11月25日 掛け声に合わせ力一杯餅つき さかがわ幼稚園で恒例行事

2022年11月25日更新

力一杯餅をつく園児

▲力一杯餅をつく園児

おいしそうに餅を食べる園児

▲おいしそうに餅を食べる園児

 さかがわ幼稚園で11月25日、もちつき会が行われ、全園児約40人が毎年の恒例行事を楽しみました。近隣の田んぼでとれたもち米約7キロを、あんこ餅やきなこ餅にして食べました。
 東山口良質米部会の方や保護者の協力で、もち米を蒸した後にきねとうすでつき、できた餅を一人分ずつ分配。園児はできたての餅を丸く広げ、真ん中に置いたあんこを包んであんこ餅を作って食べました。また、年長児は子ども用のきねで餅つきを体験。「よいしょ!」の掛け声に合わせて力一杯餅をつきました。
 年長児の松本颯太さんは「きねが重くて大変だった。お餅がおいしかった」と笑顔を見せました。

2022年11月25日

Adobe Reader

このページと
関連性の高いページ

新着情報

お知らせ

イベント

募集情報