国民健康保険(国保)の加入

2021年4月2日更新

掛川市に住所があるかたは、次のような人を除き、国保に加入しなければなりません

  • 職場の健康保険(全国健康保険協会・健康保険組合・共済組合など)に加入しなければならない人とその扶養者
  • 生活保護法による保護を受けている人
  • 外国人登録法に基づき掛川市の外国人登録原票に登録されていない外国人(平成24年7月9日まで)
  • 児童福祉法により福祉施設に入っている児童のうち、扶養義務者のいない人

以下のような場合は、必ず14日以内に国保に加入する手続きを行ってください

  • 子どもが生まれたとき(扶養者が国保の場合に限る)
  • 他の健康保険を抜けたとき
  • 掛川市に転入してきたとき

子どもが生まれたとき(扶養者が国保の場合に限る)

基本的には市民課で出生届が出されたときに一緒に国保の手続きを行っています。出生届に必要な持ち物を持って市民課までお越しください。

他の健康保険を抜けたとき

申請時に必要なもの

  • 健康保険等脱退連絡票(退職した職場でもらってください)
  • 年金手帳(20歳から59歳のかた、20歳から59歳の配偶者が被扶養者だった場合、そのかたの分もご持参ください)
  • 世帯主と該当者のマイナンバーが分かるもの(マイナンバーカード、通知カード、マイナンバーが記載された住民票)及び本人確認ができるもの

上記のものを持って国保年金課若しくは各支所市民窓口係までお越しください。

掛川市に転入してきたとき

申請時に必要なもの

  • 国民健康保険証
  • 世帯主と該当者のマイナンバーが分かるもの(マイナンバーカード、通知カード、マイナンバーが記載された住民票)及び本人確認ができるもの

基本的には市民課で転入届が出されたときに一緒に国保の手続きを行っています。転入届に必要な持ち物と一緒に上記のものを持って市民課までお越しください。

転入者が国民健康保険に加入している世帯に世帯主として入る場合、国民健康保険証に記載されている世帯主氏名が変わるため、国民健康保険証の差し替えを行う必要があります。加入者全員の国民健康保険証を持って国保年金課までお越しください。

注1 職場の健康保険に加入されている場合は、市役所で保険証に関する手続きはありません。 保険証が変わる(職場を辞めたり就職した)場合はそのことがわかる証明書と年金手帳と印鑑が必要になります。

掛川市内で転居したときにも住所変更の手続きが必要です

申請時に必要なもの

  • 国民健康保険証
  • 世帯主と該当者のマイナンバーが分かるもの(マイナンバーカード、通知カード、マイナンバーが記載された住民票)及び本人確認ができるもの

基本的には市民課で転居届が出されたときに一緒に国保の手続きを行っています。転居届に必要な持ち物と一緒に上記のものを持って市民課までお越しください。国民健康保険証および高齢受給者証等の差し替えをいたします。

申請書ダウンロード

注2 プリントアウトする場合は、一度保存した上で、印刷してください。

関連リンク

カテゴリー

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる