2020年1月10日 作法学び正座でお点前 土方幼でお茶体験

2020年1月10日更新

屏風の前に敷いた赤い毛氈に正座し、お点前する園児とそれを受ける園児たち
お点前に挑戦する園児ら

先生に手を添えられて茶筅を器で回す園児と、それをみる園児たち
茶せんを使ってお茶をたてる園児

土方幼稚園で1月10日、お茶体験が行われ年長児17人が作法を学びました。日本文化に触れながら、ゆったりとした時間を過ごすことを目的に、地元住民の協力で5年ほど前から毎年行っています。
園児は「もてなし役」と「客役」に分かれ、遊戯室に設けられた茶室で挑戦。裏千家の師範からアドバイスを受け、もてなし役がお茶をたてて運び「お茶をどうぞ」と呈茶すると、客役は正座で座り「いただきます」と抹茶を味わいました。
長島花歩さんは「お茶を飲んだら優しい気持ちになった。ちょっと苦かったけどおいしかった」と笑顔を見せました。
齊藤加代子園長は「ゆったりとした時間の中でお茶を味わってほしい。人のためにお茶をいれることで思いやりの心を育てたい」と話しました。

2020年1月12日

Adobe Reader

このページと
関連性の高いページ

新着情報

お知らせ

イベント

募集情報