交通安全施設整備事業費 - 歩道改良事業

2021年7月1日更新

施策概要

現在、掛川市では平成24年から令和元年にかけて実施した通学路の緊急合同点検結果に基づき、歩行者の安全を確保するために、通学路を中心とした歩道や歩行空間の整備を進めています。

整備の方法

歩道の整備

幅員2.5メートルから3.0メートルの片側歩道で、段差のないセミフラット形式を採用し、路面は水たまりができにくい透水性舗装を施工しています。

歩行区間の整備

用地の制限などにより歩道の整備が困難な場所では、グリーンベルトやカラー舗装などの簡易な方法による安全・安心な歩行空間を創出しています。

事業実施事例

通学路となっている市道を中心に、幅員が狭い道路や路肩・歩道がない道路、朝夕の通勤通学時間帯に交通が集中する道路について、歩道や歩行空間の整備を実施しています。

事例1 市道「一ノ坪二ノ坪線(大池地内)」

道路の拡幅、グリーンベルトの整備を実施しています。

市道「一ノ坪二ノ坪線(大池地内)」施工前の道路、道幅の狭い道路を小学生が集団で歩いている 
施工前

市道「一ノ坪二ノ坪線(大池地内)」施工後の道路、道路の道幅が広がっているが歩道と車道が区分されていないためグリーンベルトで歩道部分を確保している
施工後

 

事例2 市道「梅橋吉岡線(各和地内)」

歩道の整備を実施しています。

市道「梅橋吉岡線(各和地内)」施工前の道路、見通しの良い道路だが、歩道の幅が狭い 
施工前

市道「梅橋吉岡線(各和地内)」施工後の道路、歩道の幅が広がり縁石ブロックが設置された
施工後

 

事例3 市道「西郷東側線(上西郷地内)」

道路の拡幅、路側帯のカラー舗装を実施しています。

市道「西郷東側線(上西郷地内)」施工前の道路、田んぼ沿いの狭い道路に小学生が集団で歩いている 
施工前

市道「西郷東側線(上西郷地内)」施工後の道路、歩道の幅が広がり、透水性舗装を施工された、歩道部分にカラー舗装されている。
施工後

 

事例4 市道「川久保釜田線(三井地内)」

歩道の整備を実施しています。

市道「川久保釜田線(三井地内)」施工前の道路、歩道と車道の境がない 
施工前

市道「川久保釜田線(三井地内)」施工後の道路、歩道部分が分離され、縁石で境目が作られた。透水性舗装がされた道路に施工された
施工後

 

事例5 市道「新川西線(東大坂地内)」

歩道の拡幅を実施しています。

市道「新川西線(東大坂地内)」施工前の道路、車道と歩道の境に草が生えている。歩道には傘を差した小学生が集団で歩いている 
施工前

市道「新川西線(東大坂地内)」施工後の道路、縁石で車道と歩道の境が作られた。歩道の道幅も広くなっている
施工後

 

Adobe Reader

このページと
関連性の高いページ

新着情報

お知らせ

2024年5月23日

掛川市学校給食通信

2024年5月22日

外国語ごみ分別動画

イベント

募集情報

2024年5月22日

地域手話講習会