市長の部屋

2024年3月25日更新

掛川市長メッセージ

皆さん、こんにちは。掛川市長の久保田崇(たかし)です。
市長の部屋をご覧いただきましてありがとうございます。

まずは、最近の掛川市の話題からお話をさせていただきます。

最近の話題は、何と言っても、将棋の藤井聡太王将8冠が掛川市にお越しになったという
ことです。3月8日、9日の日程で、本来であれば、王将戦の第6局を掛川市で開催する
予定でありましたが、藤井さんがたいへん強いため、それ以前の第4局までで4勝0敗で
早々に防衛を決められました。その代わりとして、対局はなくなりましたが、掛川市の
小学生、中学生の指導対局や、トークイベントなどでお越しいただきました。私は、藤井
さんを掛川城にご案内し、天守閣から掛川市の風景や逆川沿いの掛川桜をご覧いただきま
した。藤井さんには、「城主になった気分だ」というコメントをいただきました。

また、今年は掛川城の天守閣開門30周年の記念イヤーいうことであります。お城に登ら
れた藤井さんにも、30周年の記念として、「雲外蒼天」いう四字熟語を揮毫(きごう)
いただきました。今月末(3/30)から、掛川城御殿で一般公開しますので、ぜひご覧
いただきたいと思います。あわせて、30日を皮切りに、掛川城天守閣開門30周年の
記念行事を様々に計画しておりますので、ご協力よろしくお願いいたします。

さて、来月から令和6年度が新たにスタートします。
新年度のことを少しお話させていただきますが、現在、市議会で審議中の令和6年度予算
については「人と環境の持続可能性にチャレンジする予算」と名付けさせていただきました。
「持続可能性」という言葉はいろいろなところで聞いているかと思いますが、「人の持続
可能性」については、例えば、自治会の区長さんやお祭り、あるいはお茶などの農業、
お医者さんや看護師さんの担い手が少ないというような話があり、そういった人の担い手
不足からくる課題をどのように解決していくのかが、非常に大きなテーマとなっています。

特に、令和6年度予算については、新たに空き家対策に本腰を入れていきます。空き家の
除却として壊す費用と、空き家の中にある物をお片付けする費用に新たに補助を設けるよ
うな内容となっております。
この背景には、日本が多死社会という多くの方が亡くなる状況になっており、掛川市も一
昨年お亡くなりになられた方が過去最高でありました。このような状況から、多死社会対
策についてもしっかり進めていきたいと思います。

「環境の持続可能性」については、掛川市は環境省の調査で、人口10万人以上50万人
未満の部で、市民1人当たりのごみ排出量が2年連続で全国で最も少ないまちであります
が、令和5年度に設置しましたおむつリサイクル・ゴミ減量推進会議で出た結論をしっか
りと実現に移していきたいと思います。紙おむつ、製品プラスチック、生ごみ、剪定枝・
落ち葉、こういった4品目を新たに資源化するような取り組み進めてまいります。

新年度についても「対話」と「チャレンジ」を大切に、市政運営をしていきますので、
引き続き皆さんのご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。


※「定例記者会見」や「市長コラム」など、毎月の市政状況や私の思いをぜひご覧ください!

Adobe Reader

このページと
関連性の高いページ

新着情報

お知らせ

イベント

募集情報